溶接資格について

 資格の必要性

溶接は世界的にも特殊工程とされていて技能が必要です

設計、製造、検査がきっちり行われることで溶接品質が確保されます。

それぞれの技能を裏付けるのが資格です

溶接に係わる資格
女性溶接技能者数の推移

 資格の種類/資格紹介

溶接技能に関する要員認証

溶接技能者

  • 手溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • 半自動溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • ステンレス鋼溶接技能者
    (日本溶接協会/
    ステンレス協会)
  • チタン溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • すみ肉溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • 建築鉄骨ロボット溶接
    オペレータ
    (日本溶接協会)
  • プラスチック溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • 銀ろう付技能者
    (日本溶接協会)
  • 基礎杭溶接技能者
    (日本溶接協会)
  • 石油工業溶接士
    (日本溶接協会/石油学会)
  • マイクロソルダリング
    オペレータ
    (日本溶接協会)
  • 発電設備用溶接士
    (電気事業法)
  • アルミニウム溶接技能者
    (軽金属溶接協会)

溶接技能者

・国内規格(JIS、WESなど)に基づき溶接を行う作業者(溶接技能者)の資格。基本級(下向姿勢の溶接)と専門級(立向、横向及び上向姿勢の溶接並びに管の溶接)があり、さらに試験材料の種類と厚さ、溶接方法などの組合せによって資格が分かれています。

・試験は学科試験及び実技試験(資格の種別に応じた試験材料を使用して溶接作業を行う)によって評価され、合格者に「適格性証明書」が交付されます。

日本溶接協会が認証する溶接技能者

資格の種別

手溶接技能者
(アーク溶接)

資格の適用事例等

一般鋼材

一般構造物(建築鉄骨・橋梁・車両)の溶接資格で被覆アーク溶接棒を用いて溶接する溶接技能者の基本的な資格

溶接法

被覆アーク溶接

資格の種別

半自動溶接技能者

資格の適用事例等

一般鋼材

一般構造物(建築鉄骨・橋梁・車両)の溶接資格で溶接ワイヤを用いて溶接する

溶接法

炭酸ガスアーク溶接

MAG溶接

資格の種別

ステンレス鋼溶接技能者

資格の適用事例等

ステンレス鋼

防食性が高いステンレスを用いたプラント機器・厨房機器・建築物の溶接に適用

溶接法

被覆アーク溶接

炭酸ガスアーク溶接

MAG溶接

TIG溶接

被覆アーク溶接

炭酸ガスアーク溶接

MAG溶接

TIG溶接

その他の溶接資格

チタン溶接技能者
チタン鋼を材料とした溶接

プラスチック溶接技能者
接着だけでは強度を保てない物や機密性が必要なものに(薬液槽、真空タンク等)行う溶接

銀ろう付技能者
空調機器などの銅配管や溶接が行いにくい材料の接合など

石油工業溶接士
パイプラインの配管の溶接

基礎杭溶接技能者
建築物の基礎工事となる鋼管杭の溶接

溶接の姿勢

溶接作業の向きによって技能の特徴や難易度が異なる。溶接の向きを「溶接姿勢」という。

下向
姿勢の基本となる向き。
立向
溶けた鋼材と溶接棒(ワイヤ)が垂れるため、アークの発生しているところを一定のリズムで左右に微動させながら上下方向のスムースな体の動きが必要。
横向
溶けた鋼材と溶接棒(ワイヤ)の垂れを防ぐため、溶かす範囲を小さくして多層溶接する。スラグの巻き込みを生じやすいため,安定したアークの移動が必要。
上向
溶けた鋼材と溶接棒(ワイヤ)が垂れ落ちるため,溶かす範囲を小さく保ち、アークを微動させる。溶けた箇所が頭部の上方になるので,安定した姿勢保持に肉体的な負荷がかかる。積層数は多い。
板の厚さ
3.2㎜(薄板)
溶接の進行に伴い板の温度が上昇し、板に穴があきやすいため、電流と溶接速度の適切な設定が必要になる。
9㎜(中板)
標準(比較的易しい)
19㎜(厚板)
積層数を多くするため,層厚さを均一にする必要がある。
資格の試験は、代表的な鋼材の厚さを3種類(3.2㎜、9㎜、19㎜)に絞り、行っている。

 溶接女子が保有している資格の例

Aさん

手溶接技能者 N-2FV(中板:下向、立向)
           T-1FP(薄板:下向、薄肉管:水平・鉛直固定)
半自動溶接技能者 SN-3F(厚板:下向)

Bさん

手溶接技能者 N-2FVP(中板:下向、立向、中肉管:水平・鉛直固定)
ステンレス鋼溶接技能者 TN-F(薄板:下向)

Cさん

手溶接技能者 N-2F(中板:下向)
        TN-FV(薄板:下向、立向)
半自動溶接技能者 MN-F(中板:下向)
           SN-2FVH(中板:下向、立向、横向)

Dさん

半自動溶接技能者 SA-2F(中板:下向)
ステンレス鋼溶接技能者 TN-F(薄板:下向)

溶接の設計・施工計画に関する要員認証

溶接管理技術者

  • 溶接管理技術者
    [特別級・1級・2級]
    (日本溶接協会)
  • アーク溶接作業指導者
    (日本溶接協会)
  • マイクロソルダリング
    技術者
    (日本溶接協会)
  • マイクロソルダリング
    インストラクタ
    (日本溶接協会)
  • アルミニウム合金構造物
    溶接施工管理技術者
    (軽金属溶接協会)

施工管理の役目を溶接管理技術者が担います

溶接施工に関するものをしっかり管理

溶接材料
溶接設備
溶接技能者
溶接方法

資格について更に詳細を知りたい方はこちら

資格パンフレットを見る